愛車を高く売るために

下取りと買取のどちらを選べばいい?

車を処分しようと思ったときに下取りと買取のどちらを選べばいいのかというと、高く売却することを考えるなら買取です。

 

下取りなら買取よりも安く手放すことになってしまうでしょう。下取りでは評価されない点が買取であればプラスになる場合も多くあるのです。特に事故車の売却をする場合には、下取りだと評価がまことに低く、廃車費用を上乗せして請求されることもあります。自動車の査定を頼む時は、手間をかけてもスタッドレスタイヤをつけたままにするのではなく、標準タイヤにしておいた方がおすすめです。

 

一般に、スタッドレスタイヤはマイナス査定となるそうです。使用状態が良かったら車とともにスタッドレスタイヤも買い取ってくれる場合もありますが、溝がない状態になってしまっていると、処分するためにお金が必要となる場合もあります。もちろん、事故車であっても査定を申し込向ことは可能ですが、査定にはすごくマイナスになるでしょう。とは言っても、事故車であるということを隠沿うとしても査定する人には隠しきれないので、印象が悪くなってしまいます。事故でのダメージが相当大きい場合は、事故車専門の中古車買取業者に査定をお願いすると良いでしょう。その方がより高い査定金額を提示されるはずです。